シミができるメカニズムとは?

シミができるメカニズムとは?

シミができるメカニズムとは?

シミができるメカニズムとは?

 

紫外線を浴びると、できやすいシミ。シミはスキンケアのときに、また新しいシミができているのを見つけると嫌な気分になってしまいます。このシミのメカニズムを理解することでシミができないように予防ができるんです!ぜひ参考にしてください。

 

シミはどうしてとれにくいの?

洋服にコーヒーでもこぼしたかのように一度ついてしまうとな取れにくい厄介なシミは表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトが信号を送りメラニンを作り出します。メラニンの役目は紫外線から細胞を守るために働きかけます。メラニンは紫外線を吸収することで肌へのダメージを防いでくれるのです。メラニンと聞くとシミというイメージがあるかもしれませんが、じつは紫外線からお肌を守ってくれる優れた存在でもあるのです。

 

表皮の底の部分には基底層があり、徐々に表皮細胞が分裂することで押し上げられてきます。紫外線を浴びてできたメラニンは細胞と一緒にはがれて行きます。その後は、アカとなって落ちていきます。この仕組みをターンオーバーといい、約28日サイクルで最肌が正常に保てるように行われるのです。このターンオーバーが正常に行われれば少しの日焼け程度であれば元の肌の色に戻ります。しかし炎天下のなか紫外線対策を怠ったり、長時間紫外線を浴び過ぎてしまうとメラノサイトが活発になりメラニンの数が増えてしまいます。メラニンの量は増えてしまうと色素沈着が起こりやすくなるため、シミを増やさないようにするには以下のことに注意しましょう。

 

@紫外線対策は万全に尽くしましょう。
紫外線を浴びたくない部分には必ず日焼け止め成分が入ったクリーム、メイクをするときは化粧下地を使いましょう。最近の日焼け止めはお肌の負担が少ないものが増えています。低刺激性のものを選ぶとデリケートなお肌の方にも安心です。使用後はきれいに洗い流すことも大切です。

 

Aターンオーバーが乱れないように
食事や睡眠は肌のターンオーバーを正常に保つために大切や要素です。お肌の調子は食事が偏ると吹き出物が出たり睡眠不足になると肌が荒れたりするものです。どちらかが乱れただけでお肌へ悪影響を及ぼし、ターンオーバーが乱れる原因になってしまいます。

 

B活性酸素が原因
皮膚が酸化するとシミやシワが増えることがあります。これは炎天下のなか強い紫外線を浴びると皮膚で活性酸素が発生し皮膚の脂質やコラーゲンが酸化することから起こるのです。真夏の日差しには気をつけましょう。

 

紫外線とシミは深い関係があることが分かりましたね。日焼け止めクリームや帽子、日傘で紫外線を防ぎシミのない、お肌作りを目指しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ