今からのシミ対策

今から間に合う?これからのシミ対策

今から間に合うシミ対策

 

 

シミができてしまうと、急に不安になりますね。お顔にひとつでも気になるシミができてしまうと、どんどん増えていくのでは?とビクビクしてしまいますね。今からどんなシミ対策をすればいいか分からないという方のために自分でできる紫外線対策をまとめました。シミを遠ざけるために参考にしてみてください。

 

自分でできるシミ対策

シミの原因になりやすいものに紫外線があります。曇りだから紫外線対策は大丈夫と思い、スッピンでゴミ出しやお庭のお手入れはおすすめできません。じつは雨天の日でも紫外線量は晴れの日に比べると20〜30%。そして曇りの日はもっと油断できません。紫外線量は晴れの日の50〜80%になります。確かに晴れの日に比べれば少しは減るものの、6月と12月を比較すると6倍もの紫外線の量が降り注がれています。お肌の弱い方は、お顔だけの紫外線対策では足りなく、腕や首などに日光湿疹が出ることも。そのため、日焼け止めクリームや長袖の服、帽子は外出時には必需品になります。この紫外線対策のほかに日傘をプラスするとなおさらシミ対策になります。

 

化粧品も重要です。紫外線をカットする化粧下地やファンデーションはシミができにくいお顔作りに重要になってきます。添加物や着色料が使われていないもので美白成分が入っているとシミの予防やできてしまったシミを薄くする効果も発揮します。

 

そしてビタミン摂取も大切です。ビタミンは皮膚を正常に保つ栄養素として知られておりますが、特にビタミンCはシミを薄くしてくれる優れた栄養素です。ビタミンCは柑橘類もレモンやみかんに豊富に含まれます。そしてパセリや小松菜、ほうれん草、キウイなどにも豊富に含まれます。普段から野菜やフルーツをたくさん食べる習慣を身につけているとシミのでき難いお肌になります。健康にも良いので、野菜やフルーツは毎日食べて健康的な体と、お肌作りを目指しましょう。

 

深い睡眠はシミができにくいって本当?

若い頃は寝不足でも平気だったのに30代を過ぎたころから、睡眠を減らすと肌荒れが気になる、化粧ノリが悪くなると感じている方が多いといいます。あ、私もとと、思われた方がいるのでは?じつは、お肌のターンオーバーは睡眠時に行われます。夜の10時から夜中の2時の間です。この時間帯に質の良い睡眠をとることで、お肌の質がUPするんですよ。深い睡眠を日頃からとり、早寝早起きをする習慣作りがシミの少ない肌作りにつながるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ