シミができ始めるのは何歳から?年齢とシミ対策

シミができ始めるのは何歳から?年齢とシミ対策

シミができ始めるのは何歳から?年齢とシミ対策

 

 

鏡を見たらシミだらけなんてショックですよね。シミは子供の頃から出るわけではありません。シミが出やすい年齢があります。シミができ始めるのが何歳頃なのでしょう?

 

シミが気になる瞬間には個人差が

毎日メイクのときに、お顔の肌の状態はチェックしていても、ふと変化に気がつく瞬間があります。20代のときはシミなどがなかったのに、お肌の状態が変わる年代があるのです。洗顔後に化粧水をつけないと突っ張る感覚とは違い、急に乾燥肌になってガサつき、シミが増えた感覚を覚える年代があります。多くの女性は20代の頃は、シミは気にならなかったが30代に入った頃からシミを意識するようになったといいます。そのため、シミができてからシミケアをするのではなく、子供の頃から紫外線を浴びるときは日焼け止めクリームで紫外線を防ぐ必要があります。シミケアは、早ければ早いほど、お肌にストレスを与えないで済むため早目のケアにこしたことはないのです。

 

シミが出はじめるのは30歳前後

20代だからといってシミが出ないわけではありません。20代でも、お肌の老化は始まっております。紫外線を浴びると、20代でも肌の奥には知らないうちにメラニン色素が蓄積されます。毎日なにげなく浴びていた紫外線は肌の奥に蓄積されます。そしてメラニン色素が増え、結果的にシミとなるのです。また、10代でも、スポーツなどを屋外でする機会が多い、または徒歩で通学などの際に紫外線に浴びる機会があるとシミが出ることも。そのため、シミ対策には油断ができません。UVケアはもちろん、SPF・PAの表示をチェックし、紫外線のダメージを受けないように選ぶ必要性があります。

 

30代前後は肌に負担が出やすい時期

もともと30代は、肌の分かれ道といわれているように、毎日のスキンケアを怠るとシミとなって表れやすい時期です。30代前後の女性は妊娠や出産を経験する方が多く、女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期でもあります。両方の頬骨部分に出やす肝班(かんぱん)も30代の女性に出やすいシミです。
妊娠は、お肌だけではなく身体も付かれやすい時期。経験したことのない育児は時にストレスに感じることもあります。そうするとさらに、女性ホルモンの分泌が悪くなり肌にメラニン色素が沈着してしまうのです。

 

30代は徐々にコラーゲンが、お肌から不足して行きます。乾燥しやすく肌の免疫力が落ちやすいこの年代になったら、よりスキンケアは成分を重視し、バランスのとれた食生活や、睡眠など、お肌に良いことは習慣にし、お肌の老化を防ぎましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ