顔のシミを消す方法

そのシミもしかすると肝斑?肝斑とは?

そのシミもしかすると肝斑?

 

 

お肌の悩みで多いのが「シミ」。シミは30代を過ぎたあたりか多くの女性が悩むといわれております。そうなったら美白化粧品やレーザー治療を考えるかもしれませんが、チョット待って!

 

必ずしもシミには美白化粧品やレーザー治療で治るとは限りません。なかなか消えないシミの正体はもしかすると肝斑かもしれませんよ!見た目は紫外線が原因でできるシミとそっくりでも肝斑はケアがまったく違う為知識がないと、いつまでもシミのことで悩んでしまうことも。そうならないために、シミのことで悩んでいるのなら、あなたのシミが肝斑なのか見分ける必要があります。

 

シミと肝斑を見分ける方法
肝斑にはシミとは違う特徴があります。効果があると思ってケア商品を買い集めても効果が無いのなら意味がありません。まずはシミを鏡でしっかり観察してみましょう。

 

もしあなたのシミにこのような特徴があるのなら、それは肝斑かも!

 

・シミが頬の左右対称に出ている
・茶褐色でうっすらと広範囲に表れている
・ピルを服用している
・30代から40代の女性である
・妊娠をしたことがある
・フェイスマッサージをかかさず行っている

 

など、このような特徴があります。一番の特長は、両頬に左右対称に出るということです。一般的なシミは紫外線を浴びたさまざまな場所に出現し、肝斑の場合は、頬と限られた箇所に出ますので分かりやすいですね。

 

肝斑が出る原因は女性ホルモンの分泌量が落ちることです。そのほかに紫外線やストレスも関係しているといわれております。特に出産後の女性に出やすい傾向があります。そしてパラパラ出るシミとは違い、ボヤッと広範囲に表れ、顔の色がくすんだようにも見えます。

 

●肝斑かもと思ったら
肝斑には、内服薬を服用することで改善します。皮膚科を受診し、肝斑と診察されると「トラネキサム酸」などの内服薬は処方されます。医師の診察によって処方も異なりますが、まずは皮膚科を受診し相談してみましょう。

 

●肝斑の大敵は何?
肝斑が出ているときは紫外線に気を付けましょう。紫外線の影響で悪化する恐れがあります。またストレスも肝斑が悪化する可能性があるため、よくありません。シミが気になるとゴシゴシこすって洗うなど肌の摩擦が刺激になってしまいメラノサイトが活性されることがあります。またレーザー治療もNGです。

 

シミだからといってケア方法がみんな一緒とは限りません。一番良い方法は、美白化粧品で改善しない場合は、皮膚科で診察してもらうことです。的確なアドバイスをもらえ、シミの種類が判別できケア方法が分かってきます。肝斑を改善し、悩みを解決できるように「肝斑」改善を目指しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ