紫外線対策の方法

紫外線対策の方法

紫外線対策の方法

紫外線対策の方法

 

紫外線は日焼けすると分かっていても、知識不足のため、お肌に対するトラブルを防止できず、皮膚に悪影響を及ぼすことがあります。あなたのUV対策は大丈夫ですか?紫外線はときには有害な光線となり、浴びやすい顔にシミやそばかすが知らないうちにできてしまうことも。そもそも紫外線とはどんなものなのでしょう?

 

紫外線は波長により3種類の波となって地上に到達します。しかし肌に対してダメージを及ぼす主な紫外線は2種類です。

 

@UVA波

最も長い波長は「UVA波」で太陽から地上まで届き、これを浴びると人間の肌や髪は紫外線により日焼けをします。真皮の奥の部分まで届き、シミやシワの原因になることも。長い年月を経て浴び続けると肌の老化現象を引き起こします。発癌リスクもありますので浴び続ける行為はあまり身体に良いとはいえません。

 

AUVB波

夏に強くなる「UVB波」は、皮膚が赤くなる原因となります。表皮の基底層まで届き、波長が短いわりにエネルギーが強い特徴があります。皮膚に対してダメージが強くメラニン色素の生成を促します。UV-Aのように深い層までは届かないのですがヤケドをしたときのように水ぶくれになったりし、表皮にダメージを与える紫外線になります。

 

紫外線に有効な方法

紫外線は対策をしないとお肌に深刻なダメージを与えてしまいます。そのため屋外に出るときは必ず紫外線を予防する習慣を身につけましょう。

 

基本は、日焼け止めクリームを塗る方法ですが美白効果のある化粧品、帽子、日傘です。車の運転や外出の際に便利なのがUVガードの手袋です。一度使うと大変便利で人気のようです。半袖を着るシーズンでも取り外しが簡単なため熱い夏の時期におすすめです。

 

これらの紫外線の予防と対策は外側からのケアになりますが、内側からのケアもセットで習慣にするクセをつけることでできてしまったシミなどに素早く効果を発揮しおすすめの紫外線ケア方法になります。

 

内側からのケアとは、紫外線に対抗食べ物の成分を毎日摂取することです。主な成分はビタミンで野菜などから摂取する方法です。野菜にはさまざまなビタミンが含まれます。特にビタミンC、Aは紫外線に有効な栄養素で毎日食事から摂取しましょう。野菜に含まれるビタミンは水溶性のビタミンのため、一度に大量に食べるのではなく、こまめに摂取しないとなりません。

 

ビタミンCはパセリ、小松菜、ほうれん草、レモンなどの柑橘類のフルーツに多く含まれます。ビタミンAはニンジン鶏や豚のレバー、あんこうの肝、うなぎ、チーズなどに多く含まるため、毎食、適量を食べる習慣を身につけましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ