上手なスキンケアとは?

上手なスキンケアとは?

上手なスキンケアとは?

 

 

なんだか最近お肌の調子が悪いかも?と感じるなら、体調不良のほかに考えられる1つにスキンケアがあります。女性ホルモンの周期で敏感になりがちな女性のお肌は、スキンケアの内容をほんの少し充実させることでお肌の質が変わることも。基礎化粧品の成分を学び、上手にスキンケアを使いましょう。

 

あなたの基礎化粧品は低刺激ですか?

世の中には、さまざまな化粧品があふれています。基礎化粧品を選ぶ際に大切なことは「低刺激」です。刺激の強い成分は、お肌に負担がかかってしまいおすすめできません。見た目、香りなどを重視しすぎて基礎化粧品を選ぶと、美容成分が含まれるのにもかわらず、お肌に刺激でかぶれや赤く火照るなどの症状が出る場合があります。毎日使う基礎化粧品の基本は低刺激で保湿力が充実した成分のスキンケア商品です。

 

セラミド

肌の表面は薄い角質層で覆われており、0.02mm平たい角質細胞から成り立ちます。この部分を埋めているのが「セラミド」になります。セラミドは水分が逃げないように働きかけ、肌の水分量を保つクッションのような役割になります。セラミドは年齢とともに少なくなりますので、加齢とともに水分が失われてしまいことで乾燥肌になる方が多いといいます。化粧水をいくら補っても肌が乾燥するという方は、セラミド不足かもしれません。特に寒い時期や夏場のエアコンの影響などで保湿力を失ったお肌には、セラミド成分が入ったスキンケアがおすすめです。

 

セラミドは肌にスーッとなじみ荒れたお肌にも角質を補修し、滑らかなお肌に近づけます。少量しか含まれていないのにセラミド入りと目立つように売り出されているものもあるため気をつけましょう。

 

ヒアルロン酸

お肌の弾力はヒアルロン酸が関係しております。ヒアルロン酸が配合された化粧品を使うことで、お肌に潤いを与え保湿力が伴います。そして小ジワを予防し、お肌のバリア機能をUPすることができます。水分の保持力が上がり、きれいなお肌作りには、乾燥してガサガサしているお肌にヒアルロン酸を補うことで保湿力が上がり、みずみずしいお肌に仕上げてくれます。

 

リピジュア

目尻のシワや眉間のシワは加齢とともに目立ちやすくなるものですが、シワの原因にリピジュアが不足し、シワができることがあります。化粧水や乳液などにリピジュアが含まれるものを塗ることでシワの予防になります。

 

これらの保湿作用で角質層の水分を保つことでお肌が若々しく見え、ハリとツヤを与えることができるのです。スキンケアは、ただ、すれば良いのではなく、水分を保持する効果がないと、せっかくお肌に与えた水分は蒸発して逃げてしまいます。保水力のある成分が含まれる化粧品を使うことをおすすめいたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ