顔のシミ取りにいい成分とは?

顔のシミ取りにいい成分とは?

顔のシミ取りにいい成分とは?

顔のシミ取りにいい成分とは?

 

シミにはメラニン生成を抑制するものが効果的になります。顔にシミがあるとシミ取りにどんま成分がいいのか試したいけど良く分からないというかたのために、シミに効果のある成分をまとめてみました。

 

L-システイン

紫外線を浴びるなどして気になるシミがあるのなら「L-システイン」という成分が効果的です。L-システインは爪などに含まれるアミノ酸の一種です。シミにならないようにメラニンが過剰にならないように抑制する作用があります。そしてお肌にできてしまったメラニンを無色にし、元の肌の白さに戻す効果があります。

 

L-システインはブロッコリーやにんにく、芽キャベツなどに多く含まれます。これらの食材で美肌効果を求めるには大量に食べないといけないため、L-システインを含むサプリメントがおすすめです。コラーゲンが体内で形成され、シミ以外にもハリがでることでお肌の調子を整えたい女性にはピッタリの成分になります。

 

アスコルビン酸

アンチエイジング成分といえば「アスコルビン酸」でしょう。アスコルビン酸とは水溶性のビタミンCのことで抗酸化作用がシミやシワに効果をもたらします。化粧品にも含まれるものがあり、皮膚の酸化を抑えすでにできてしまったシミを薄くする効果があります。

 

外側だけではなく、食事で摂取し、体の内側からもシミやくすみなど、メラニンを薄くする作用があるので外側と内側からのWの効果が期待できます。

 

ビタミンE

ビタミンEには、新陳代謝を高め、抗酸化力や老化防止作用などがあり、サプリメントや美白化粧品の多くに含まれる成分です。ビタミンEの抗酸化力は強力でシミやそばかすの原因となるメラニン色素がつくられないようにする働きがあります。これは活性酸素が発生しないようにブロックするからです。活性酸素は体の老化を引き起こすといわれます。ビタミンEは活性酸素によってできる脂質の酸化を防ぎます。

 

ビタミンEが不足するとお肌が黒ずんで見え、くすんでしまったお肌は年齢よりも上に見られてしまうこともあるかもしれません。そして血行が悪くなり冷え症になることもあります。ビタミンEは老化の進行を遅らせるため若返りビタミンなどと呼ばれ、お肌の衰えを感じている方におすすめの成分になります。

 

ビタミンEはアーモンド、落花生、植物油、オリーブ油、うなぎ、卵黄、モロヘイヤ、ほうれん草、キウイなどに含まれます。毎日の食事にビタミンEが含まれる食材を上手に摂取しましょう。また油と一緒に摂取すると吸収率が高まります。

ホーム RSS購読 サイトマップ