20代のシミの原因とは?

20代のシミの原因とは?

20代のシミの原因とは?

20代のシミの原因とは?

 

顔のシミというと中年のお肌のお悩みのように思うかもしれませんが、20代でシミがたくさんお顔にできてしまう女性が多くおります。きれいなお顔でもシミがあると、コンプレックスになる方もいるようです。20代のシミの原因とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

20代でできるシミの傾向

20代で、お肌にシミができる方の傾向に次のような点があります。

 

・いつもスッピンで紫外線対策をしないことが多かった。
・仕事がなどの影響で屋外にいることが多い。
・吹き出物が多く色素沈着をしてしまった。

 

など、シミができやすい環境にいたことからシミが若いうちにできてしまうことがあります。例えば学生の頃に部活をして、ノーメイクで日焼け止めを塗らずに炎天下のなか長時間スポーツをしていた方。また、仕事の環境が紫外線を浴びやすいなどでも若いうちからシミが多く見られます。

 

ニキビも悪化すると痕が残ることがあります。色素沈着をして小さなシミがオデコや生え際のあたりにできることがあります。

 

また、シミは色が白い肌質の方に多く見られます。外国人でも白いお肌の人種はソバカスが目立ちますが、日焼けをして黒くならず、赤くなる肌質の場合シミができやすいといえます。キメが細かいお肌で乾燥肌の方にもシミができやすいのです。

 

20代の方の顔のシミの原因の多くは紫外線とニキビ痕でできてしまったシミには、しっかりシミができた部分の肌のケアをすることでシミを取り除くことができます。

 

できてしまったシミに効果的な対策とは

シミは、できてから長く放置しておくよりも早めの処置をすることで効果が出やすいため自分にあった処置を早めにすることをおすすめします。皮膚科では「ハイドロキノン」クリームや「ビタミンC誘導体」などを処方してくれます。ビタミンCは美白効果が期待できるためお肌のトーンが明るくなり、お顔の表情も明るく見えおすすめです。効果的な分、副作用が出るお薬もありますので、医師に診察して症状を見てもらうことが先決でしょう。美白成分が入ったコスメを使ってみるのも良いでしょう。コンシーラーで隠すのではなく、シミを薄くする美白化粧品は最近の物は高濃度で毎日使うことで気が付くと以前よりも透明感が出て明るくなったと感じる方も多くおすすめです。

 

しみができてしまったら、早めのケアですね!

ホーム RSS購読 サイトマップ