顔のシミの原因とは?

顔のシミの原因とは?

顔のシミの原因とは?

顔のシミの原因とは?

 

日差しが強くなる季節は特にシミができやすい時期。シミはできてしまうとメイクで隠そうとしていると、どんどん厚塗りになってしまいますよ。本当はナチュラルメイクでいたいのにと思っている方はたくさんいるのでは?そんなあなたのために、シミができる原因について徹底的に調べてみました。

 

シミの原因

 

シミがないお肌は理想ですよね。できないようにするにはシミができる原因を知る必要があります。知識を付けてシミ対策を万全にしましょう。

 

@紫外線

シミの原因のほとんどは紫外線です。紫外線を浴びれば皮膚は焼けてしまいます。紫外線対策をしていない部分に長時間、紫外線を浴びるとメラニンが過剰に分泌してシミができやすくなります。そのため、紫外線を浴びる部分には日焼け止めクリームを塗るなど対策をしないとどんどんシミが増えてしまいます。

 

Aストレス

お肌に負担のいくストレス。ストレスは、お肌のほか、体のさまざまな部分に悪影響が行く厄介な存在です。ストレスは女性ホルモンの分泌を狂わせ、肌荒れや吹き出物の原因にもなります。またターンオーバーが崩れることからシミになりやすいのです。ストレスのない生活は難しいことかもしれません。でも、リラックスできる時間を増やすなど自分が好きなことをするだけでもストレスが緩和になる場合もありますので、ストレスを解消するようにしましょう。

 

B加齢

子供の頃は外でよくノーメイクで毎日遊んでいたのにシミはできなかったと感じているのでは?シミは若いお肌にはできにくいものです。それは新陳代謝が活発でターンオーバーが正常だからです。シミは加齢により新陳代謝が衰える原因からターンオーバーが崩れてしまいます。よってシミができやすい状態になります。

 

C肝臓

肝臓が弱るとシミができやすくなるといいます。それは体のろ過機能でもある肝臓は不要なものを排出するために代謝を補う臓器になります。肝臓が弱ることで新陳代謝が落ち、ターンオーバーが乱れてしまいシミが蓄積されやすい状態になってしまいます。

 

肝班も肝臓機能が落ちることから起こるといわれております。肝臓の機能を上げるにはレバーに含まれるアラニンという成分が有効です。解毒作用が上がりおすすめの食材です。そのほか大豆や魚などの良質なタンパク質も肝臓機能がUPしますので毎食、必ずタンパク質を摂取するように心がけましょう。

 

シミはできてしまうと消すのに一苦労です。できることならシミにならないように毎日対策をしてシミに悩まなくても良い毎日を送りたいですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ