皮膚科で顔のシミは取れる?病院とシミ対策

皮膚科で顔のシミは取れる?病院とシミ対策

皮膚科で顔のシミは取れる?病院とシミ対策

皮膚科で顔のシミは取れる?

 

あきらめかけていたシミ。皮膚科に相談すればどうにかなるのかと考えたことがあるのでは?そこで皮膚科では、シミで診察してもらうと、どんな治療を受けられるのか紹介いたします。

 

皮膚科で、どんなシミ取りの治療をするの?

顔のシミ取り治療と言えばレーザー治療、と思うかもしれませんが、レーザー治療では効果のないシミにも皮膚科の治療はおすすめです。例えば肝斑、そばかすなどの、さまざまなシミに効果があるとされております。その方法は外用薬、そして内服薬によるものです。身体の外側や内側から美白のために作用する方法は効果が高いといわれております。

 

外用薬とはクリームで、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」という2種類の軟膏になります。トレチノインは肌の代謝が高まり角質を剥がすピーリングのようなものです。そのため、敏感肌の方には刺激が強く、ヒリヒリする場合があります。

 

ハイドロキノンは皮膚の色をより明るくする作用があり、メラニン色素を防ぐ作用もあります。肌に弾力が出てもっちりとした感触にする作用があります。日焼けでできてしまったシミや蚊に刺されてできた痕がシミのようになってしまった部分にも効果があります。しつこいニキビの痕にもおすすめです。

 

クリームはどうやって塗るの?

「トレチノイン」のクリームは、シミ以外の部分にはみ出さないように面棒で薄く塗ります。乾いたら「ハイドロキノン」を指で伸ばすように顔全体に塗ります。「トレチノイン」は強い成分のお薬ですので日本では医療機関を受診しないと手に入りません。いずれにしてもピリピリするなどの副作用が出る場合があります。クリームを個人輸入で手に入れる方法もありますが、皮膚科を受診しての使用をおすすめいたします。また、使用した際は、次のような注意点があります。

 

・日焼けはできません。そのためUV対策が必需となります。
・朝塗るのではなく夜塗るお薬です。
・炎症しているお肌には使用できません。
・保湿を心がけましょう。
・使用方法を間違えると色素沈着を起こす場合があります。

 

●シミに効果のある内服薬はどんなもの?
シミには「ビタミンC誘導体」という内服薬があります。これは高い抗酸化作用があり、メラニンに作用します。するとシミに働きかけお肌の色素沈着を防ぎシミができにくいお肌になります。

 

「ビタミンE」も内服することで若返り効果を発揮します。抗酸化力や血行改善、新陳代謝活性化作用など若々しいお肌に戻りたいと願っている女性にピッタリの成分です。美白効果が期待できることからシミを薄くする効果が期待できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ