紫外線とシミ

紫外線とシミ

紫外線とシミの関係とは?

 

 

紫外線を浴びることでできてしまうシミ。海水浴やピクニック、そしてちょっと外出という場合でも紫外線を浴び、何度も繰り返すことでシミになってしまうことがあります。この、嫌われ者のシミはどうしてできてしまうのでしょうか。シミのないお肌を作るためにも、紫外線とシミの関係をまとめました。

 

シミができる原理

このシミは、メラノサイトからメラニン色素が放出されて紫外線を吸収することから起こる現象です。メラニン色素はシミやくすみの原因になりやすく、嫌われやすい存在です。でも、お肌に入ってしまう紫外線をシャットアウトする役割で細胞が傷まないように防御してくれます。

 

お肌の表面には表皮細胞があります。お肌は周期的にターンオーバーし、最後は自然にはがれていきます。常に新しい肌を作るために古い角質がはがれる構造になっています。そして表皮は入れ替わりし、きれいな肌に生まれ変わります。紫外線によって日焼けをしても、ターンオーバーのおかげで元の肌の色に戻ります。常にターンオーバーが正常化していれば、紫外線によるシミはできにくいのですが、紫外線を浴びすぎ、お肌に負担がかかることでメラニン生成が盛んになり、シミができてしまうのです。

 

子供の頃は屋外で遊んでもシミができなかったのに大人になった途端シミが気になるようになったというのには理由があります。それは新陳代謝が活発だからです。ターンオーバーの周期は人によって違います。また、年齢も深く関係しており、年齢が上がると周期はどんどん長くなってしまいます。28日周期だったのが30代になると40日以上はかかり、シミや傷が消えにくく感じる年代もこの頃です。

 

肌がいつもよりも黒ずんで見えたり、シミやソバカスが増えた、または濃く感じるという症状が現れたらターンオーバーの機能に変化が生じているサインです。

 

ターンオーバーが正常になる方法

ターンオーバーが正常化する基本は生活リズムになります。食事や睡眠は、お肌に深く関係します。乱れることで肌の調子は悪くなりがちです。生活勇敢の乱れには気をつけなければなりません。

 

また、お肌は角質が溜まることで黒ずんでしまう場合があります。そして肌のごわつき感が出てしまいます。そんな時は、適度にピーリングや、マッサージをすることで素肌の色が明るくなり、健康的でツヤのあるお肌に近づくことができますので、試してみましょう。ピーリングはやりすぎるとお肌を傷めてしまいますので気を付けましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ